どっちがいいの?固定金利と変動金利

固定金利が向いている人は

固定金利が向いている人は、毎月の返済額を一定にしておきたい人です。変動金利に比べると、金利はやや高めになりますが、金利変動の影響を受けることはありません。そのため、金利が一気に上がっても、適用される金利はこれまで通りとなります。いつまでも月々の返済額が変わらない固定金利であれば、子供が成長して教育資金が必要になった時やライフスタイルが変わった時にも、落ち着いて計画を立てることができます。ただ、固定金利は元々の金利がやや高く設定されているため、最終的に支払う利息は変動金利よりも高くなる可能性があります。そのため、少しでも利息を少なく抑えたいと考えるのであれば、変動金利も考えておくと良いでしょう。

変動金利が向いている人は

変動金利が向いている人は、これから先の収入が増える見込みがある人、比較的短期間の完済を考えている人です。金利変動の影響を受ける変動金利は、金利が下がることもあれば、急激に上昇をすることもあり、とても不安定です。今後も収入が増え続ける見込みがある人であれば、金利が上昇した場合でも対応することができます。更に、繰り上げ返済などを活用して、短期間での完済を目指す人の場合、超低金利のタイミングで申し込めば、固定金利よりもお得に返済できる可能性が高くなります。ただ、住宅ローンは、完済することができなければ住宅を手放す必要が出てきます。それだけに、金利が上がることに少しでも不安を感じるのであれば、固定金利を考えておく方が良いでしょう。
金利のタイプを選ぶ時には、今後の収入や返済の仕方についてしっかり考えておくことが大切です。